HOME > こども整体 ~最新情報~ > アーカイブ > 2012年7月アーカイブ

こども整体 ~最新情報~ 2012年7月アーカイブ

ケント君の驚異的改善について

今年の4月末にケント君がご両親と共に来院しました。
彼は小学5年になったばかりの男の子でLDと運動が苦手、その他赤ん坊のときから数々の不具合でご両親は大変心配したとの事でした。

早速入会していただき、頭蓋骨その他肋骨の歪み、可動性の検査したところ、顔、肋骨に大きな歪みが見られ、更に頭蓋骨仙骨の可動性に大きな制限が見られ、頭蓋仙骨システムにトラブルが有ると判断しました(その時点と施術完了後の顔を、お母さんが携帯で写して有りましたので頼めば見せてくれるかもしれません、ぼおっとした顔がすっきりとした男前になったので)。
大阪の出張施術は隔週1日だけですので、早速頭蓋骨、肋骨の整体施術を2時間(通常施術は週1で1時間)ほど行いました。

2週間後大阪出張時ケント君の顔の歪みが改善され、お母さんの話では、学校の授業で黒板が光って見えずらかったのが、見える様になったそうで、LDの原因の失読症にかなりの改善があったと思われます。
さらに次の施術時のお母さんの話では、苦手だったドッジボールが急に上手になったに驚いた同級生から、いじめと思える程の集中攻撃を受けたとの事、運動障害の改善も見られるようになり、更に1年前から始めた水泳の記録が飛躍的に短縮され、終には学校?または学年で一番になったそうで、このまま記録が伸びればオリンピックも夢ではないと思えるほどでした(これは私の感想です)。

施術6回であれほど歪んでいた顔も正常になり、バラバラだった肋骨の左右の高さもそろったという事は、脊髄も真直ぐになったという事で頭蓋仙骨システムの制限、異状がすべて改善されましたので、私の施術は終了しました、最初90回(週1で約2年)の施術が必要と考えていましたので、驚異的なスピードの改善で驚いてしまいました。

何故これほどの早さで回復したのか考えて、以前来院していた子でドーマン法(これも発達障害に効果ありと言われているもの)のパターニングと水泳が似ている事に気づき、水泳訓練(この子のお父さんが元水泳選手であったと聞きましので、あえてパターニングの大変さを考えると、訓練と表現するのが妥当と考えます)が非常に効果がある可能性が高いと会員の親ごさんに奨め始めました。
オリンピックは夢としても、水泳訓練は大変よい効果が有りそうですが、方法はパターニングとの類似性を考えると水泳教室なではなく、ケント君と同じ方法が良いと思われますのでケント君のご両親に問い合わせる事をお勧めします(電話番号、携帯番号を教えても良いと了解ずみです)のでお問い合わせ下さい。
ケント君のお父さんは元水泳選手だったので、水泳教室とは異なった訓練法、コツがあると思います。

メインページ | アーカイブ | 2012年8月 »

このページのトップへ