HOME > 治療例のご紹介 > 脳性まひ

治療例のご紹介

脳性まひ

脳性まひ(1)・・・男の子4歳

検査結果

  1. 頭蓋仙骨リズム:8回/分(正常値8±2回/分)
  2. 頭蓋骨制限:蝶形骨・・・動かず(制限値10)
    側頭骨、後頭骨・・・動き悪い(制限値は2と5)
  3. 頭蓋仙骨システムを検査した結果、上記の骨に拘束があり、頭蓋仙骨リズムは問題なし。

施術経過

  1. 7回目で蝶形骨が若干弛み、12回目で拘束が半分以下になった。
  2. 施術18回目で始めて言葉(単語1つ)がでた。
  3. 語彙が5つに増え、蝶形骨の制限も大幅にダウンした。3ヶ月目で語彙は大幅に増えた。

脳性まひ(2)・・・・男の子2歳

検査結果

  1. 頭蓋仙骨リズム:8回/分(正常値8±2)
  2. 頭蓋骨制限:前頭骨、後頭骨、蝶形骨、仙骨に制限あり
  3. 頭蓋仙骨システムを検査した結果、上記の骨に拘束が診られたが、リズムは問題なし

施術経過

  1. 初期は4~5回/週の施術をし、4ヶ月目に殆どの拘束が無くなり、話ししはじめた。
  2. 施術2回目でそれまで1~2ヶ月に1回有った中耳炎が無くなり、それ以後発生なし。
  3. 7ヶ月94回の施術で頭蓋仙骨システムの制限は全て無くなった。

このページのトップへ